不幸な子

作詞 藤井 樹 / 作曲 藤井 樹
編曲 Broken my toybox

 

「道端で泣いてる女の子

それを観て笑うここは防空壕

戦争ごっこ、ほら致しましょう?

申し遅れた私は不幸な子

君はパパとママとあからさまにまだまだ

仲良しこよしの暮らしで

何があったかは知らんけどきっと

私の方が絶対不幸

 

ねぇなんで泣いてんの?

構って欲しいんだね馬鹿らしい

死にたいなら死ねよ止めはしないさ

なんで泣いてんの?

構って欲しいだけでしょ、

そう言えばいいじゃないか

つまんないなぁ」

 

轢殺されていく心臓と

それを食べ散らかしたフードコート、

スマートフォン越しに見えるヘイトと

紛れ込んでいるスケープゴート

あぁ、道端で泣いてる女の子

誰も彼も知らん顔一等賞

にらめっこしましょうよ一生涯

「冗談じゃない」睨む鉄の箱、さぁ、

 

『黄色い線の内側におさがりください』

『黄色い線の内側におさがりください』

『黄色い線の内側におさがりください』

『黄色い線の内側におさがりください』

鈍い音がした。

     

「ねぇいつかは気づいてくれるかな?

私の痛みも涙の理由も

冷たい線路上で寝そべってたら

あなたは分かってくれるかな?

あぁ、なんて言えないや」


ねぇなんで泣いてんの?

道端で泣いてる女の子

もうぐちゃぐちゃになって目も当てられんよ

なんで泣いてんの?

「まさか本当に死ぬなんて」なんて

言いたいなら言えよ止めやしないさ

なんで泣いてんの?

庇って欲しいなんて馬鹿らしい

君は不幸な子、咎めやしないさ

なんで泣いてんの?

庇ってほしいだけでしょ?

そう言えばいいじゃないか

つまんないな。